健康を意識すると一人前

一番大切なのは健康である事

健康」は一番大切なものの一つだと言えます。

億万長者といわれるほどの金銭的な余裕があっても、健康でなければ自己の目標を達成するのは困難です。

身体は資本ですので、日常的に健康管理には気をつけましょう。

 

 

健康には「身体の健康」と「心の健康」があります

身体の健康を保つには定期的な健康診断の受診が必須です。

会社の定期検診を何らかの理由をつけて受けずにいたりすると、結局は自分自身に跳ね返って来ます

健康診断は積極的に利用すべきです。また、体調不良を感じたら早めに医師の診断を受けるのをおすすめします。

 

規則的な生活が非常に大事です。

「早寝早起き」といいますが、規則正しい生活を送るのは、健康にとってとても大切なことです。

フレックスタイム制を導入している会社に入ったとしても、やはり早寝早起きが身体に良いのは間違いありません。

或る日は帰宅早々に就寝し、或る日は深夜まで起きるような生活は好ましくありません。

また、健康維持に必要な睡眠時間はきちんと確保しましょう。

 

暴飲暴食を避ける

暴飲暴食は、年齢にかかわらず身体に悪影響を及ぼします。

特に飲み過ぎて二日酔いといったコンデションでは、まともに仕事なんか出来ません。

飲酒の適量はその人ごとに違いますが、健康に配慮した飲み方を意識しましょう。

 

適度な運動

運動不足だと感じたら、エレベーターの利用を控えて階段を使ってみるなど、ちょっとした心がけ次第が大切です。

電車通勤の方なら、一駅手前で下車して歩くといった工夫も有効です。

毎日腹筋をするとか、昼休みを利用してラジオ体操をするとか、縄跳びをするといった継続的な運動は役に立ちます。

 

身体の健康とともに心の健康を保つことも大切です

気分転換のための趣味を持つ

仕事に集中するあまり、「煮詰まる」ことは精神衛生上よくありません。

なにか趣味を見つけて、プライベートの時間を充実させましょう。

 

親身になって相談できる相手

悩み事を相談し、親身になってくれる人がいるのは大切です。

悩みを一人で抱え込んでしまうと、視野が固定されて思考回路が堂々巡りしてしまいます。

あなたを支えてくれる身近な人たちを大事にしましょう。

 

学生時代の友人との交流

学生時代に親しかった友人たちも、同じように社会人となり、様々な会社で活躍しているはずです。

職種や業界も多岐にわたるでしょうし、役に立つ情報を持っている場合が多いです。

友人の経験とアドバイスが自身の問題解決のヒントとなることも珍しくありません。

 

会社のカウンセリング

務めている会社にカウンセリングを担当する部門があれば、躊躇せずに利用することです。

カウンセラーは守秘義務もあり、不利な扱いにならないので安心して活用してみて下さい。

 

健康を損なうと、自分自身ももちろん苦しいですが、会社にも迷惑をかけますし、ひいては家族にも負担をかけてしまう結果となります。

自分の健康に常に気をつけておくのは、一人前の社会人としての責務だと言えます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*