社会人になったら身につける教養

教養の意味

教養とは、幅広い知識や精神の修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさのことです。

知らなくても単に生きていく上では困らないかもしれませんが、やはり教養があるのとないのとでは大違いです。

教養はその人を豊かにしてくれます。教養のある人と一緒にいるのは楽しいですし、自分を高めてくれる存在にもなり得ます。

色々なことに興味を持ち、教養を身につけるように心掛けておくと、人生がもっと楽しく豊かなものになります。

 

正しい日本語

一番に挙げたいのは、「敬語」が正しく使えるか否かです。

現代社会において、相手が誰なのかによって「言葉づかい」に差があるのは当然です。

取引先の人だったり、上司や同僚、または恩師か友人かによっても使う言葉は異なってくるでしょう。

最近のTVでは「タメ口」でしゃべるハーフタレントなども注目を浴びるようになり、昔の人からすれば耐えられないような言葉づかいが市民権を得ているかのように見える場面も少なからず見受けられます。

でも、社会に出てあなたが接する相手は、ほとんどの場合は「目上の人」だと思います。

きちんとした敬語が使えるかどうかで、評価や印象が変わってきます。

また、相手の年齢や社歴が下で、敬語が必要ない場合でも、ぞんざいな言葉づかいで接していると、あなた自身も損をすることになります。

 

日本文化への理解

外国人と接する時、彼等の方が日本文化に関する知識が豊富なテーマがあったりします。

別に張り合う必要はありませんが、自分が住んでいる国の文化ですから、恥ずかしくない程度の知識は持っておきたいものです。

例えば「茶道の心得」や「着物の着付け」について少し深く知っておくだけでも、話題の提供にもなりますし、時にはそれが役に立つ場面も出てきます。

何でも構いませんので、興味を持った日本文化について調べてみると良いでしょう。

 

専攻分野の十分な知識

学卒者や高専卒者なら、専門的に取り組んだテーマに関しては、一般人が理解している知識レベルを上回る知識が身についているものと思います。

相手に分かりやすく説明できるように、情報を整理しておくのも一つです。

社会に出ると、学生時代に学んだ内容は記憶から抜け落ちてしまいがちですが、時々振り返っておくとずっと保っておくことができます。

 

国際情勢の知識

国際情勢に関する知識も意識的に知るようにしておくと良いでしょう。

日本のことだけ知っていればいいという時代ではなくなりました。世界にも目を向けて、最低限の時事関連ニュースには目を通しておくべきです。

英語に興味があれば、海外サイトをチェックするのも一つの方法です。

 

その他、音楽的素養や文学的素養、絵画鑑賞など

普段はJポップしか聴かないという人でも、時にはクラッシックやジャズに耳を傾けてみるのも良いものです。意外な発見があるかもしれません。

愛読書を訊かれる場面もわりとありますので、読書もしてみるのをおすすめします。

美術館にはほとんど行かないという人も少なくないかもしれませんが、たまには足を向けてみるのもいいでしょう。良い刺激になります。

 

教養を高めておくと、相手からの評価が自然と上がるだけでなく、色々な場面に上手に対応できます。また、プライベートの充実も図れます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*